株式会社アドツーリスト 福岡本社企業

0.5
株式会社アドツーリスト 福岡本社企業
株式会社アドツーリスト 福岡本社企業
海外・国内の募集型企画旅行の企画・実施を行う第1種旅行業者

株式会社アドツーリスト 会社概要

事業内容旅行業法に基づく旅行業
ウェブサイトの企画・製作・運営 自社ウェブ媒体の運営
インターネットを利用した各種情報提供サービス
電子商取引業務
損害保険代理業
本社福岡市中央区天神4丁目
設立1992年
売上高
社員数14人
事業所
その他

株式会社アドツーリスト 正社員採用求人歴のある職種

ホームページで求人中の職種

 

営業職旅行会社/一般法人に対する提案営業
営業事務職主に旅行商品や国内外航空券の問い合わせ対応と注文の受付及び手配

株式会社アドツーリスト 求人情報サイト・転職エージェント利用状況

新卒採用 求人サイト

リクナビ 掲載未確認

マイナビ 掲載未確認

中途・キャリア採用 求人サイト

リクナビネクスト 求人掲載歴 未確認

マイナビ転職 求人掲載歴 未確認

エン転職 求人掲載歴 未確認

doda 求人掲載歴 未確認

中途・キャリア採用 転職エージェント

リクルートエージェント 公開求人情報 掲載未確認

マイナビエージェント 公開求人情報 掲載未確認

マイナビエージェントサーチ 公開求人情報 掲載未確認

パソナキャリア 公開求人情報 掲載未確認

ランスタッド 公開求人情報 掲載未確認

JACリクルートメント 公開求人情報 掲載未確認

type転職エージェント 公開求人情報 掲載未確認

ビズリーチ 掲載未確認

株式会社アドツーリスト 就職・転職者のための福岡の会社情報レビュー 運営者からのコメント

総合評価 0.5

特になし
・会社情報公開度   0.5
・新卒採用情報充実度 0.0
・中途採用情報充実度 1.0
・会社の魅力     1.0
・労働条件の魅力   1.0

旅行業者は「旅行業」と「旅行業者代理業」の種別(業務範囲)があり、「旅行業」はさらに取り扱える旅行契約の内容により、第1種旅行業、第2種旅行業、第3種旅行業の3つに区分されています。

第1種旅行業は海外・国内の募集型企画旅行の企画・実施を行うことが可能。登録先は国土交通省。

第2種旅行業は国内のみの募集型企画旅行の企画・実施を行うことが可能。登録先は都道府県庁。

第3種旅行業は下記の場合に限り、募集型企画旅行の企画・実施を行うことが可能。
・営業所のある市町村及びこれに隣接する市町村に設定されていること
登録先は都道府県庁。

株式会社アドツーリストは社員12名ながら第1種旅行業者に登録が認定され国内外の独自ツアーを企画販売している。

募集型企画旅行、つまりあ自社で独自に企画するツアーを募集できる資格を得ているので旅行代理店ではない。

いわゆる旅行代理店、旅行業者代理業とは、旅行業者1社と代理契約を締結し、その旅行業者の商品を代理販売するものをいいます。
業務範囲は所属旅行業者と締結した契約の範囲内となり、登録先は都道府県庁。
法的には代理する旅行業者の1営業所と見なされるので、2つ以上の旅行業者を代理することはできません。
また企画旅行を自ら実施することもできません。

例えば。JTB専属代理店、という看板を掲げて、JTBの企画商品を販売しているような代理店です。

株式会社アドツーリストが認定されている第1種旅行業者は、その認定を国土交通省観光庁が行うもので、その審査には営業保証金や基準資産などがあります。

大規模なツアーを企画するほど、利用者から預かる旅行代金は大きくなるので、万が一、返金しなければならなくなった時に、既にその旅行業者に資金がなくなっていて利用者に返金できなくなるような事態を防ぐために、あらかじめ営業保証金を預けなければいけないし、資産状況も良好でないといけません。

福岡で第1種旅行業者に国土交通省官公庁認定されているのは
株式会社 アイ・ダヴリュー・エイ・ツアー
株式会社 アジアネットツアー
Oriental株式会社
海洋観光株式会社
九州旅客鉄道株式会社
九電産業株式会社 (九電旅行サービス)
株式会社 近畿日本ツーリスト九州
株式会社 クロノスツアー・ウエスト
JR九州高速船株式会社
セイハネットワーク株式会社
第一観光株式会社
株式会社 ツアーコラボ
株式会社 トラベルウエスト
株式会社 西日本新聞旅行
株式会社 西日本国際旅行社
株式会社 西日本日中旅行社
ニッカ航空サービス株式会社
株式会社ハッピートラベル
YOU TOUR株式会社
株式会社 リッツインターナショナル
株式会社 レジャープラン

これらの登録業者のうち、例えばセイハネットワーク株式会社は英会話教室とかパパイヤ鈴木のダンス教室を展開する福岡の会社ですが、留学事業もあるので、一般の方に企画旅行を販売しているわけではありません。

半数近くは一般の方に企画旅行を販売している旅行業者ではないようです。

西日本新聞社の子会社である株式会社 西日本新聞旅行は募集の告知を西日本新聞本誌で格安に掲載できるだろうし、JR九州も自社の駅構内に店舗を構えて集客できます。

福岡地場の第1種旅行業者には、このような大手企業の子会社や大手企業がある一方、株式会社アドツーリストは社員12名。他も、例えば株式会社リッツインターナショナルは天神のピエトロビルに入居していますが社員は9名と、小さい会社もあります。

一般の人には、信頼を得にくい零細企業がむやみに広告を打って募集してもリスクは高くなります。

株式会社アドツーリストの事務所は天神の一等地ではなく、人通りが少ない4丁目。

駅の構内にある旅行代理店のように多くの通りすがりの人が店頭にあるパンフレットを手に取ってくれるわけではありません。

株式会社アドツーリストは不安定でプッシュ開拓が難しい個人ではなく法人顧客の開拓に力をいれた。
元々は個人向けにサービスを提供していた航空券予約システム「スカイウィンドウ」を法人に提案し、150社以上に契約してもらっているという。

導入企業の事務管理が簡素化できコストも削減している。

一般の個人が旅行をする場合、とにかく旅行代理店に行って、企画ツアーに申し込むという時代ではなく、自分で航空券をネットで買って、ホテルもネットで予約して、という時代。

株式会社アドツーリストも法人を開拓していくため魅力的な社員旅行を企画するなどしている。

武漢ウイルスで世界的に業界不況となっている時期を乗り越えたとしても、厳しい経営になるであろう旅行業界で生き残っていけるのか。
タイの航空会社タイ航空が倒産、ノックスクートは清算される。
フィリピンのセブパシフィックでも社員の解雇を含むリストラがなされているし、日本の航空会社も多くの社員を休職させるなどの経費削減が続く。

株式会社アドツーリストのように一等地ではない場所に事務所を構えていれば事務所代などの固定費が小さい会社ほど売り上げがなくなっても変動費も小さくなって経費が少なくなるので、生き延びられるのかもしれないが、元々給与水準が低い旅行業界とは言え、今後数か月の先行きさえも厳しいのではないか。

 

株式会社アドツーリスト 社長・社員・オフィス・サービス フォトギャラリー

株式会社アドツーリスト もっと知りたい方へ